プジョー リフターは後悔する車なのか?魅力や欠点について解説

プジョーリフターは、そのスタイリッシュなデザインと実用性の高さで多くのドライバーから注目を集めています。

ファミリー層を中心に人気を博しており、広い室内空間と豊富な収納スペースが魅力的な一台です。

しかし、車を購入する際にはその車種の欠点を知っておくことも重要です。

この記事では、プジョー リフターの魅力とともに、実際のオーナーからの声をもとにその欠点についても解説していきます。

購入を検討している方はもちろん、すでにプジョー リフターを所有している方にとっても、この記事が役立つ情報を提供できることでしょう。

記事のポイント
  • プジョーリフターの具体的な魅力と強み
  • 実際のオーナーからの声をもとにしたプジョー リフターの欠点
  • プジョー リフターを購入する際に考慮すべきポイント
  • プジョー リフターと他車種との比較による選択肢の理解

プジョー リフターで後悔する理由

公式より

プジョー

  • プジョーリフターの特徴とは?
  • 性能・スペックを徹底解析
  • 後ろのスライドドアが硬く、重い問題
  • リアハッチゲートの重さについて
  • シートの座り心地は?平らで硬め、座面が短い
  • ミニバンとしての硬い印象を解析
  • 小回りが効かないという声に迫る

プジョーリフターの特徴とは?

プジョー リフターは、その洗練されたデザインと機能性の高さで多くのドライバーから支持を受けています。

特に、その広い室内空間は、大きな荷物も余裕で収納することが可能です。

これは、家族連れやアウトドア活動を楽しむ人々にとって非常に魅力的なポイントと言えるでしょう。

また、プジョー リフターのエンジンは、力強い走りを実現しています。

これにより、山道や急な坂道でもスムーズなドライビングが可能です。

しかしながら、その力強いエンジン性能にも関わらず、燃費は非常に良く効率的です。

これは、長距離のドライブを頻繁に行うドライバーにとって、経済的なメリットが大きいと言えるでしょう。

さらに、プジョー リフターは安全性にも優れています。

最新の安全技術が搭載されており、万が一の事故時でもドライバーと乗員を守るための機能が充実しています。

これにより、家族を乗せてのドライブでも安心して運転することができます。

このように、プジョー リフターはデザイン性、機能性、安全性を兼ね備えた車と言えます。

これらの特徴を活かして、ドライバーはより快適で安全なドライビングを楽しむことができるでしょう。

性能・スペックを徹底解析

プジョー リフターのエンジン性能とスペックは、そのクラスの中でも特に優れています。

1.5L クリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載したモデルは、環境に優しく、かつ経済的な選択肢として注目されています。

このエンジンは、130馬力という力強いパワーを持ちながら、300Nmというトルクを1,750rpmの低回転から発揮することができます。

これは、自然吸気3Lガソリンエンジンと同等の性能を持ちながら、より低い燃費で運転することが可能です。

また、プジョー リフターは電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8を搭載しており、これにより滑らかで正確なギアチェンジが可能となっています。

これは、悪路から一般道、高速道路まで、あらゆるシチュエーションでドライバーの意のままに車を操ることができるという大きなメリットを提供しています。

ラインアップには、「アリュール」、「GT」、そして3列シート7人乗り仕様の「ロングGT」が設定されており、それぞれのニーズに合わせた選択が可能です。

特に「ロングGT」は、家族連れやグループでの移動に最適なモデルと言えるでしょう。

このように、プジョー リフターはその高いエンジン性能と充実したスペックにより、多くのドライバーに選ばれています。

その力強さと燃費の良さ、そして安定した走りは、プジョー リフターが持つ大きな魅力の一つです。

グレード名排気量駆動方式価格
アリュール右ハンドル (ディーゼル)1498ccFF4,100,000円
GT右ハンドル (ディーゼル)1498ccFF4,368,000円
プジョー リフター 2023(令和5)年4月
項目内容
全長×全幅×全高4405×1850×1880mm
ホイールベース2785mm
車両重量1650kg
最高出力130ps(96kW)/3750rpm
最大トルク30.6kg・m(300N・m)/1750rpm
種類直列4気筒DOHCターボ (ディーゼル)
燃料タンク容量50リットル
使用燃料軽油
WLTCモード燃費18.1km/リットル
JC08モード燃費22.6km/リットル
プジョー リフター(RIFTER)GT(2023年4月)

後ろのスライドドアが硬く、重い問題

プジョー リフターのスライドドアに関しては、その堅牢な作りから一部のユーザーから硬く、重いと感じられることがあります。

特に、ドアの開閉にはある程度の力が必要となるため、小さな子供や高齢者が自力で操作する際には注意が必要です。

このスライドドアの重さは、車両の安全性を高めるためには必要な構造であるとも言えますが、利便性の面では改善の余地があると言えるでしょう。

例えば、ドアを開ける際に必要な力を軽減するためのアシスト機能や、よりスムーズに開閉できる設計の導入などが考えられます。

また、スライドドアの重さに関連して、ドアの開閉時に手や指を挟まないように注意が必要です。

特に、子供がドアを操作する際には十分な監視と指導が必要となります。

プジョー リフターのスライドドアは、その頑丈さから安全性の面では高い評価を受けていますが、利便性と安全性のバランスを取ることが今後の課題と言えるでしょう。

ユーザーからのフィードバックをもとに、より使いやすく、かつ安全なスライドドアの開発が期待されています。

リアハッチゲートの重さについて

プジョー リフターのリアハッチゲートに関しては、その堅牢な造りと安全性を確保するための構造から、一部のドライバーには重く感じられることがあります。

リアハッチゲートの重さは、車両の全体的なバランスや安全性に影響を与える重要な要素であり、そのためにはある程度の重量が必要となります。

しかし、この重さが閉める際や開ける際に力を要する原因となっており、特に力の弱い方や高齢者にとっては操作が困難に感じられることがあります。

具体的な数字としては、リアハッチゲートの重さは約20kg前後となることが一般的であり、これは一般的なスーツケース一つ分の重さに相当します。

この問題に対処するためには、リアハッチゲートのアシスト機能の導入や、より軽量な材料の使用などが考えられます。

また、リアハッチゲートを開ける際には、ゲートが完全に開くまで手を離さないように注意し、閉める際にはしっかりと押し込むことが重要です。

プジョー リフターのリアハッチゲートは、その安全性と堅牢さから高い評価を受けていますが、利便性の向上も今後の課題と言えるでしょう。

シートの座り心地は?平らで硬め、座面が短い

公式より

プジョー リフターのシートに関しては、一部のドライバーから平らで硬め、座面が短いと感じられることがあります。

これは、シートのデザインや構造に起因しており、特に長距離を運転する際にはその影響を感じやすいかもしれません。

シートの硬さに関しては、座面のクッションが厚みを持っているものの、その密度が高いために硬く感じられることがあります。

また、座面の長さが短いため、膝裏までしっかりと支えられないことが、長時間の運転での疲労感に繋がる可能性があります。

これらの特徴は、短時間の移動や市街地での運転ではそれほど問題にならないかもしれませんが、長距離のドライブや長時間の運転をする際には、運転者の体に負担をかける要因となる可能性があります。

プジョー リフターのシート設計には、運転の安定性や車内の広さを確保するための工夫がなされていますが、シートの快適性に関しては今後の改善の余地があると言えるでしょう。

例えば、座面の長さを調整できる機能の追加や、クッションの硬さを調節できるオプションの提供などが考えられます。

これにより、プジョー リフターはより多くのドライバーにとって快適な運転環境を提供することができるようになるでしょう。

ミニバンとしての硬い印象を解析

プジョー リフターがミニバンとして硬い印象を持つ背景には、そのシャシー構造とサスペンションの設定が大きく関与しています。

通常、ミニバンは家族連れの利用を想定しており、乗り心地の良さが重視されることが一般的です。

しかし、プジョー リフターは走行性能にも焦点を当てており、その結果として硬めのサスペンション設定が採用されています。

この硬めのサスペンションは、カーブを攻める際の車体の安定性を高め、スポーティなドライビングを楽しむことができます。

しかし、その一方で、路面からの衝撃をダイレクトに感じやすくなり、乗り心地は犠牲になりがちです。

具体的な数字としては、サスペンションのバネレート(ばねの硬さ)が一般的なミニバンよりも10-15%高く設定されていると推測されます。

これにより、プジョー リフターはコーナリング時の車体のロールを抑え、より安定した走行を実現しています。

この硬い印象は、長距離のドライブや荒れた路面での運転では疲れを感じやすくなる可能性がありますが、スポーティなドライビングを楽しむことを重視するドライバーにとっては魅力的な特徴と言えるでしょう。

プジョー リフターのミニバンとしての硬い印象は、その走行性能と乗り心地のバランスをどのように取るかによって評価が分かれるポイントであり、ドライバーの好みによって評価が変わる部分です。

小回りが効かないという声に迫る

プジョー リフターに関して、一部のドライバーからは小回りが効かないという声が挙がられています。

これは、車体のサイズやホイールベースの長さに起因しており、特に狭い道路や駐車場での運転時にはその影響を強く感じることがあります。

プジョー リフターの全長は約4.4メートル、ホイールベースは約2.8メートルとなっており、これは同クラスの他のミニバンと比較しても比較的長い部類に入ります。

長いホイールベースは高速道路での安定性を提供しますが、その反面、狭い場所での取り回しには不利に働くことがあります。

具体的な数字としては、プジョー リフターの最小回転半径は5.6メートルとされており、これは同クラスの他の車種と比較しても大きい部類に入ります。

最小回転半径が大きいということは、その分だけ車を回すスペースが必要となり、狭い場所での運転が難しくなります。

この点に関しては、ドライバーの運転スキルや経験にも依存しますが、特にプジョー リフターを初めて運転する方や、ミニバンの運転に慣れていない方にとっては、注意が必要なポイントと言えるでしょう。

プジョー リフターの小回りの効かなさは、その車体サイズとホイールベースの長さに起因しており、これは車の設計上のトレードオフと言えます。

プジョー リフターで後悔させない!その魅力とは

公式より

プジョー

  • 収納スペースの広さに注目
  • 7人が快適にドライブできる3列目シート
  • 力強い加速と優れた燃費のバランス
  • 悪路にも強いアドバンスドグリップコントロール
  • 故障率は他車と比べてどうか
  • 実用性重視ならフリードと比較
  • プジョー リフターは後悔する車なのか?についての総括

収納スペースの広さに注目

プジョー リフターはその広大な収納スペースで多くのドライバーから評価を受けています。

車内には様々なサイズの荷物を収納できるスペースが豊富にあり、特に大きな荷物を運ぶ際にその真価を発揮します。

具体的な数字として、プジョー リフターの荷室容量は約600〜800リットルとされており、これは同クラスの他のミニバンと比較しても非常に広い部類に入ります。

さらに、後席を倒すことでこの容量を大幅に増やすことが可能で、リフター ロングでは最大約3,000リットル近くのスペースを確保することができます。

この広大な収納スペースは、家族旅行やアウトドア活動を楽しむ際に非常に便利です。

大人数での移動や、キャンプ用品などの大きな荷物を運ぶ際にも余裕を持って対応することができます。

しかし、前述の通り、リアハッチゲートの重さは荷物の出し入れの際に注意が必要なポイントです。

特に重い荷物を運ぶ際には、リアハッチゲートを支えながらの作業が求められることがあります。

この点に注意しながら、プジョー リフターの広い収納スペースを活用することで、快適で便利なドライブを楽しむことができるでしょう。

収納スペースの広さはプジョー リフターの大きな魅力の一つであり、その利便性を最大限に活用することで、より快適なドライビングライフを実現することが可能です。

7人が快適にドライブできる3列目シート

公式より

プジョー リフターの3列目シートは、7人乗り仕様の車両において非常に重要な役割を果たしています。

このシートにより、大家族や友人グループといった大人数での移動が可能となり、みんなで一緒に出かける際の楽しさを倍増させてくれます。

具体的な座席の配置としては、2-3-2の7座レイアウトを採用しており、3列目のシートも大人が座ることができるスペースを確保しています。

これにより、大人7人が乗車しても窮屈さを感じにくい設計となっています。

しかし、シートの座り心地に関しては注意が必要です。

プジョー リフターのシートは平らで硬めに設計されており、座面も短めです。

これは、短時間の移動では問題ないかもしれませんが、長時間のドライブでは疲れを感じやすくなる可能性があります。

特に3列目のシートは、車両の後部に位置しているため、乗り心地が硬く感じられることがあります。

力強い加速と優れた燃費のバランス

プジョー リフターは、その力強い加速性能と優れた燃費のバランスにより、多くのドライバーから高い評価を受けています。

前述しましたが、1.5Lクリーンディーゼルエンジン「DV5」を搭載し、130馬力と300Nmのトルクを発揮します。

この力強いエンジンにより、車重があるにも関わらず、スムーズで力強い加速を実現しています。

特に注目すべきは、低回転からでも十分なトルクを発生させることができるため、市街地での走行でもストレスなく加速することが可能です。

また、高速道路での追い越し時などにも、十分なパワーを発揮し、スムーズな運転をサポートしてくれます。

また、プジョー リフターは燃費の面でも優れています。

エンジンの効率的な運転と、電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8の採用により、高い燃費性能を実現しています。

これにより、長距離のドライブでも経済的に運転することが可能です。

このように、プジョー リフターは力強い加速性能と優れた燃費のバランスを兼ね備えており、あらゆるドライビングシーンで快適な運転を楽しむことができます。

市街地でのスムーズな加速から、高速道路での追い越しまで、あらゆるシチュエーションに対応する力強さと経済性を持ち合わせているのが、プジョー リフターの大きな魅力の一つです。

悪路にも強いアドバンスドグリップコントロール

プジョー リフターのアドバンスドグリップコントロールは、悪路での走行性能を大幅に向上させる革新的なシステムです。

このシステムは、車両のトラクションを最適化し、滑りやすい路面でも安定した走りを実現します。

特に、雪道や泥道、砂利道など、通常の車両では走行が困難な状況でも、プジョー リフターは優れたパフォーマンスを発揮します。

アドバンスドグリップコントロールは、車両の前輪に作用し、滑りやすい路面での駆動力を最大限に引き出します。

これにより、車両は悪条件下でも安定した走りを維持し、ドライバーはより安心して運転することができます。

また、このシステムは、車両の速度や路面状況を常にモニタリングし、必要に応じて駆動力を調整するため、非常に高いレベルの安全性を提供します。

プジョー リフターのアドバンスドグリップコントロールは、特に冬季の雪道や、アウトドア活動でのオフロード走行においてその真価を発揮します。

ドライバーは、これまで以上に困難な路面条件下での運転に自信を持つことができ、プジョー リフターはあらゆる状況での信頼性の高いパートナーとなります。

このように、プジョー リフターのアドバンスドグリップコントロールは、悪路での走行性能を大幅に向上させ、ドライバーに安心と信頼を提供する革新的なシステムです。

これにより、プジョー リフターはあらゆる道路状況での運転を楽しむことができる、非常に魅力的な車両となっています。

故障率は他車と比べてどうか

プジョー リフターの故障率に関しては、市場に出回っている他の同クラスの車両と比較しても、特に高いとは言えません

これは、プジョーが長年にわたり培ってきた技術と経験を活かし、信頼性の高い車両を提供している結果と言えるでしょう。

プジョー リフターは、エンジンやトランスミッションなどの主要な部品においても、高い耐久性と信頼性を持って設計されています。

ただし、どの車両にも言えることですが、長期間にわたり安定した性能を維持するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

プジョー リフターの場合、オイル交換やタイヤの点検、ブレーキパッドの交換など、基本的なメンテナンスを定期的に行うことで、故障率を低く保つことが可能です。

また、万が一の故障に備えて、プジョーの正規ディーラーでの点検や修理をお勧めします。

これにより、車両の状態を常に最良の状態に保ち、長期間にわたり安心して運転することができます。

プジョー リフターのオーナーの中には、100,000キロメートル以上走行しても、大きな故障に見舞われることなく、安定した性能を維持している例も多く報告されています。

これは、プジョー リフターが高い耐久性を持っていることの証明と言えるでしょう。

実用性重視ならフリードと比較

プジョー リフターを選ぶ際に、実用性を最優先するならば、ホンダのフリードとの比較を行うことが非常に重要です。

フリードは、そのコンパクトなボディサイズと優れた機動性から、狭い道路や混雑した市街地での運転に非常に適しています。

一方で、プジョー リフターは、より広い室内空間と豊富な収納スペースを提供しており、家族連れやアウトドア活動に最適です。

また、力強いエンジン性能と優れた燃費効率を兼ね備えており、長距離のドライブにも適しています。

フリードの場合、コンパクトなサイズが実用性を高めている一方で、荷物を多く積むことが難しい場合があります。

また、エンジン性能に関しても、プジョー リフターほどの力強さはありませんが、その分、燃費効率は良好です。

最終的には、どちらの車を選ぶかは、使用目的や優先するポイントによって異なります。

市街地での運転のしやすさを重視するならフリード、広い室内空間と力強い走りを求めるならプジョー リフターが適していると言えるでしょう

どちらの車もそれぞれの強みを持っており、比較検討することで、より自分に合った選択ができるはずです。

プジョー リフターは後悔する車なのか?についての総括

記事のポイントをまとめます。

  • プジョーリフターは多目的に使用できる車である
  • 広い室内空間を提供し、収納も豊富
  • ファミリー層に人気があるモデルである
  • 燃費が良く経済的である
  • 乗り心地が良いと評価されている
  • デザインが洗練されており、外観も魅力的
  • 最新の安全機能が搭載されている
  • メンテナンスコストが低い
  • 車内の静粛性が高い
  • 実用性重視ならフリードも検討
  • 悪路にも強い走りが特徴

高く売るならディーラー下取りはおすすめしません。車を一番高く売るには複数の買い取り業者に競わせること。30~50万円高い査定額が出ることも珍しくありません。時間が経過するほど買取相場は下がる傾向にあるため、なるべく早めに調べておくことをお勧めします。

👑MOTA車買取査定

  • 簡単45秒!
  • 最大20社の査定結果がネットで確認!
  • 翌日には結果が確認可能!
  • 高額査定の3社のみのやりとりでOK!
  • 最高額の買取店がすぐにわかる
  • 査定料や売却手数料なども一切不要
  • 売買契約後のキャンセルも可能

MOTA買取車詳細を確認したい方はこちら

サクッと査定を行いたい方はこちら

コメント

  1. pSUBVfal より:

    aVgGsDmeEkB

  2. xeZdNwoYvJUp より:

    DIUhzJbWL

  3. IpzxJTRXMbY より:

    GnYlHdpfgw

  4. VHnUOrjxtJZv

  5. zoOsGrSRxBXD より:

    KCIAJXWQPTYxlbtu

  6. xzfZbeGH より:

    TWbLFUpuDBYoOc