ランクル200は後悔する車か?後悔しないために知っておくべきこと

本記事では、ランクル200を購入する際の注意点やその特徴について詳しく解説しています。

ランクル200を手に入れた後に「ランクル200を買って後悔した。」と感じることのないよう、事前に知識を深めることが大切です。

この記事では、ランクル200の魅力や潜在的な問題点など、購入を検討している方が知っておくべき情報を提供しています。

記事のポイント
  • ランクル200の購入後の不満点や後悔点
  • ランクル200の維持費や燃費の問題
  • ランクル200の実際の使用感や運転の感想
  • ランクル200を購入する前に知っておくべき情報や注意点

ランクル200が後悔すると理由とは

公式サイトより

ランドクルーザー

  • ランクル200の魅力と実情
  • 性能・スペックの概要
  • 後悔する理由:想像以上にデカイ
  • 後悔する理由:オプションに不満
  • 後悔する理由:燃費が良くない
  • 後悔する理由:維持費が高い(税金など)
  • 一目惚れで買うと後悔する可能性
  • ランクル200税金の詳細

ランクル200の魅力と実情

ランクル200は、トヨタが誇る大型SUVのフラッグシップモデルとして知られています。

2007年のデビュー以来、その堅牢なボディ構造と卓越したオフロード性能で、多くのファンに支持されています。

特に、ランクル200のフレームは、従来のSUVよりも一段と頑丈に作られており、過酷な環境下でもその性能を発揮します。

また、エンジン性能も非常に高く、特にV8エンジン搭載モデルは、驚異的な加速とトルクを持っています。

その高い性能と信頼性から、多くの国で公式車両やVIP輸送車としても採用されています。

実際、ランクル200は、国際的な要人の移動手段としても頻繁に使用されていることで知られています。

しかしながら、その高い性能とブランド価値は、高価格帯をもたらしています。

初期投資だけでなく、維持費や税金も高く、所有するためのコストは決して安くはありません。

性能・スペックの概要

ランドクルーザー200は、その堂々とした外観とは裏腹に、驚異的な性能を持つことで知られています。

この車両が誇るエンジンは、さまざまな環境下での走行に対応するための強力な出力を持っています。

3.5L V型6気筒ツインターボガソリンエンジンを搭載しており、最大出力は415馬力、最大トルクは650Nmを発揮します。

このエンジンの力により、山道や砂漠、泥沼といった厳しいオフロード環境でも、安定した走行を実現します。

さらに、ランドクルーザー200は、その高い性能をサポートするための先進的な技術が数多く採用されています。

これにより、高いパワーを持ちながらも、都市部での日常使用から長距離のハイウェイ走行、さらには過酷なオフロードまで、幅広いシーンでの使用が可能となっています。

項目詳細
全長×全幅×全高4985×1980×1925mm
ホイールベース2850mm
トレッド前/後1665/1665mm
室内長×室内幅×室内高2775×1635×1215mm
車両重量2550kg
最高出力309ps(227kW)/4000rpm
最大トルク71.4kg・m(700N・m)/1600~2600rpm
種類V型6気筒ICツインターボ (ディーゼル)
総排気量3345cc
内径×行程86.0mm×96.0mm
燃料タンク容量80リットル
トヨタ ランドクルーザーZX(2021年8月)
グレード名排気量定員燃費価格
ZX (ディーゼル)3345cc5名9.7km/l7,600,000円
GRスポーツ (ディーゼル)3345cc5名9.7km/l8,000,000円
GX3444cc5名8km/l5,100,000円
AX3444cc7名8km/l5,500,000円
VX3444cc7名7.9km/l6,300,000円
ZX3444cc7名7.9km/l7,300,000円
GRスポーツ3444cc7名7.9km/l7,700,000円
トヨタ ランドクルーザー 2021(令和3)年8月

後悔する理由:想像以上にデカイ

ランクル200の魅力的な大きなボディは、多くのファンに支持されています。

しかし、この大きさが都市部での運転や駐車の際には挑戦となることも事実です。

具体的には、ランクル200の全長は4,985mm、全幅は1,980mm、全高は1,925mmとなっており、これは一般的なセダンやコンパクトカーと比べても大きいサイズ感を持っています。

特に都市部の狭い道路や限られた駐車スペースでは、このサイズ感が取り回しの難しさとして現れることがあります。

実際、一部のユーザーが購入後にこの点を挙げて後悔しているとの声も聞かれます。

そのため、購入を検討する際には、都市部での取り回しや駐車の環境を考慮することが重要です。

後悔する理由:オプションに不満

ランクル200は、その豪華さと高級感から多くのオプションが提供されています。

これにより、ユーザーは自分の好みやニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

しかし、一部のユーザーからは、これらのオプションが高価であること、または日常使用において必要性を感じない機能が含まれているという不満の声が上がっています。

例えば、ナビゲーションシステムに関しては、エアコンの風量設定など、一般的には直接的な関連性がない機能もナビゲーションを通じて操作する必要があるという点が挙げられます。

このような操作性の問題は、特に運転中に迅速に設定を変更したい場合には不便を感じることがあります。

また、メーカーオプションの価格が高額であることも、一部のユーザーからの不満の原因となっています。

特に、3列目のシートが取り外し不可能である点や、フロアやルーフのデザインに関するオプションなど、実用性と価格のバランスに疑問を持つ声も存在します。

これらの点を考慮すると、ランクル200を購入する際には、オプションの内容や価格をしっかりと確認し、自分の実際の使用シーンやニーズに合わせて選択することが重要です。

後悔する理由:燃費が良くない

ランクル200の燃費に関する懸念は、多くのユーザーにとっての後悔の要因となっています。

この車の大型エンジンとボディサイズのため、都市部での走行時の燃費は10km/Lを下回ることが一般的です。

実際、WLTCモードにおける燃費は7.9~9.7km/Lの範囲にあります。

具体的には、ガソリンモデルの燃費は約8km/L、一方、ディーゼルモデルの燃費は9.7km/Lとなっています。

このような燃費の実態を考慮すると、燃料費の増加が予想され、一部のユーザーには経済的な負担と感じられることも考えられます。

後悔する理由:維持費が高い(税金など)

ランクル200の維持費は、他の車種と比べても顕著に高いとされています。

この車の大型エンジンや豪華な装備、そしてその重量から、年間の自動車税はかなりの額になります。さらに、重量税も他の車種より高額です。

また、保険料も高級車であるランクル200の価格帯に合わせて高く設定されていることが多いです。

さらに、定期的なメンテナンスや部品交換の際の部品費も高価です。

これらの維持費が積み重なることで、ランクル200の総維持費は他の車種と比較して数倍高くなることも。

これらのコストを十分に理解していない状態で購入すると、後に経済的な負担として感じるリスクが高まります。

一目惚れで買うと後悔する可能性

ランクル200は、その洗練されたデザインやトヨタのフラッグシップSUVとしてのブランド力により、多くの人々の目を引きつける存在です。

特に、ショールームや展示場でのその迫力ある姿を目の当たりにすると、一目惚れしてしまう方も少なくありません。

しかし、このような感情的な判断で購入を決めると、後になって実際の使用感や維持費、さらには燃費などの実用面での問題に直面することが考えられます。

例えば、都市部での取り回しや駐車の難しさ、高い維持費や燃費の悪さなど、日常使用における実際のコストや利便性を十分に理解していないままの購入は、後になってこれらの問題に直面し、後悔する可能性が高まります。

そのため、ランクル200を購入を検討する際には、感情的な判断だけでなく、実際の使用シーンや生活スタイル、経済的な側面もしっかりと考慮することが重要です。

ランクル200税金の詳細

公式サイトより

ランクル200は、その高級感やパワフルな性能から多くのファンを持つ一方、税金の面では他の車種よりも高額となることが特徴です。

この車の税金は、排気量や車両の重量に基づいて決定されるため、その詳細を理解することはオーナーとして非常に重要です。

具体的に、ランドクルーザー200の自動車税は、排気量が3リットル超〜3.5リットル以下のカテゴリーに該当するため、年間5万7,000円が必要です。

さらに、ランクル200の重量税も考慮する必要があります。

ZXやGRスポーツモデルの場合、4万9,200円が必要で、GX、AX、VXモデルでは4万1,000円が必要となります。

これらの税金を合算すると、ランクル200の年間の税金は相当な額となることが明らかです。

このような税金の詳細を把握しておくことで、ランクル200の維持費を正確に計算することができ、予期せぬ出費を避けることができます。

車両重量車両重量税
0.5t以下8,200円
~1t16,400円
~1.5t24,600円
~2t32,800円
~2.5t41,000円
~3t49,200円
重量税
排気量自動車税額
660cc以下10,800円
1000cc以下25,000円
1000cc〜1500cc30,500円
1500cc〜2000cc36,000円
2000cc〜2500cc43,500円
2500cc〜3000cc50,000円
3000cc〜3500cc57,000円
3500cc〜4000cc65,500円
4000cc〜4500cc75,500円
4500cc〜6000cc87,000円
6000ccより大きい110,000円
自動車税

ランクル200で後悔しないために

公式サイトより

ランドクルーザー

  • ランクル200の口コミはどうか
  • 頑丈ときくけどどれくらい長持ちするか
  • 必要な年収の目安は
  • 乗ってる人ってどんな人
  • 盗難が多い?
  • ランクル200と300どう違うのか
  • ランニングコストを意識した戦略の重要性
  • ランクル200は後悔する車か?についての総括

ランクル200の口コミはどうか

ランクル200に関する口コミは、その実績とブランド力を背景に、非常に多岐にわたる意見が寄せられています。

多くのユーザーからは、その卓越した走行性能や堅牢なボディ構造に対する高い評価が寄せられています。

特に、オフロード走行時の安定性や、悪路での取り回しの良さを指摘する声が多いです。

一方で、維持費や燃費の面での懸念点を挙げるユーザーも少なくありません。

特に、都市部での日常使用を主とするユーザーからは、燃費の悪さや、その大きさからくる駐車の不便さを指摘する声が散見されます。

しかし、その価格帯を考慮すると、多くのユーザーはランクル200が提供する高級感や快適な乗り心地を高く評価しています。

他のSUVとの比較では、ランクル200のデザインや内装の質感、さらには運転の快適さが特に評価されています。

また、その頑丈なボディと大きさが提供する安全性や安心感も、多くのユーザーにとって大きな魅力となっています。

総じて、ランクル200はその価格に見合った性能と品質を持つ車として、多くのユーザーからの信頼を得ていることが伺えます。

頑丈ときくけどどれくらい長持ちするか

ランクル200は、トヨタの技術力の結晶とも言える頑丈な作りが特徴です。

この車の耐久性は、極端な環境下でもその性能を発揮することを前提に設計されており、多くのユーザーから「タフ」との声が上がっています。

実際のところ、ランクル200を10年以上使用しているユーザーからは、大きな故障やトラブルが発生しないという報告が多数寄せられています。

この点は、ランクル200の高い品質と耐久性を証明しています。

しかし、その長寿命を維持するためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

オイル交換やブレーキの点検、タイヤの交換など、基本的なメンテナンスを欠かさず行うことで、20年、あるいはそれ以上の長期間、ランクル200を安心して使用することができます。

また、一部のユーザーからは、適切なケアとメンテナンスを行っていれば、30年以上の使用も夢ではないとの声も。

このように、ランクル200は、その頑丈さと長寿命で、多くのユーザーから絶大な信頼を得ています。

必要な年収の目安は

前述した通り、ランクル200は、その高級感と性能から、一般的に高い購入費用や維持費がかかるとされています。

この車を快適に所有し、維持するためには、一定の経済的基盤が求められます。

目安として年収1000万円以上が推奨されています。

しかし、この年収の目安はあくまで一般的な指標であり、実際の購入判断は個人のライフスタイルや価値観、資産状況によって大きく異なります。

例えば、車に対する情熱や趣味を持つ中収入層の方々も、計画的な購入や節約を行うことで、ランクル200を所有しているケースも少なくありません

最終的には、ランクル200を所有することのメリットやデメリットを十分に理解し、自身の経済状況や将来設計を考慮して、賢明な購入判断を下すことが大切です。

乗ってる人ってどんな人

ランクル200のオーナー層は、その車の持つ高級感や堅牢性、そしてブランドの歴史や信頼性を評価する多様な背景を持つ人々で構成されています。

多くの場合、成功を収めたビジネスマンや企業経営者プロフェッショナルなどの高所得者層が所有しているイメージが強いです。

これは、ランクル200の購入価格や維持費が一般的に高いため、経済的な余裕が必要とされるからです。

また、ランクル200の堅牢なボディや卓越したオフロード性能を評価し、アウトドア活動や長距離ドライブを楽しむ冒険家や探検家のような人々も多く、彼らはこの車の真価を理解しています。

さらに、ランクル200を選ぶ人々の中には、トヨタの伝統やランドクルーザーの独自の世界観、歴史を重視するカルチャー愛好者もいます。

彼らは、単なる移動手段としてではなく、ライフスタイルの一部として車を楽しんでいます。

総じて、ランクル200のオーナーは、独自の価値観やライフスタイルを持ち、車に対する深い情熱や理解を持っていることが多いと言えるでしょう。

盗難が多い?

ランクル200は、その高級感やブランドの信頼性、さらには部品の価値から、盗難のターゲットとなりやすい車種として知られています。

特に、この車の部品は高価で、国内外のブラックマーケットでは大変な人気があります。

そのため、車両が盗難されると、部品としての売却が主な目的となるケースが多いと言われています。

加えて、ランクル200の新車価格や中古車の取引価格も高く、それが盗難の動機となることも。

実際に、都市部を中心に盗難被害の報告が増加しているとの情報もあります。

このような背景から、ランクル200のオーナーは、駐車場の選び方を慎重に行う必要があります。

特に、夜間や長時間の駐車時は、監視カメラの設置された駐車場や、セキュリティがしっかりとしている場所を選ぶことが推奨されています。

また、車両自体のセキュリティシステムの強化や、追跡システムの導入も、盗難リスクを低減するための有効な手段となります。

ランクル200と300どう違うのか

ランクル200とランクル300は、トヨタのランドクルーザーシリーズの中で、世代を跨ぐ2つのモデルです。

ランクル200は、その頑丈なボディと高い走行性能で長らく愛されてきましたが、ランクル300はその後継モデルとして、多くの進化を遂げています。

デザイン面では、ランクル300はより洗練された外観と、最新のデザインを取り入れています。

シャープなヘッドライトや大型のグリルなど、現代のSUVデザインのトレンドを反映しています。

エンジン性能に関しても、ランクル300は最新の技術を採用。燃費の向上はもちろん、排気量が小さくなりつつも、ターボチャージャーの採用などにより、パワーとトルクの向上を実現しています。

これにより、都市部での走行からオフロードまで、幅広いシチュエーションでの性能を発揮します。

価格面では、ランクル300はその最新技術や装備の充実度から、ランクル200と比較して高価格帯となっています。

しかし、その価格に見合った最新の安全技術や快適装備が搭載されており、高いコストパフォーマンスを持っています。

一方、ランクル200の強固なボディや歴史的な信頼性も、多くのファンから支持されています。

新旧モデル、どちらもその魅力があり、ユーザーのニーズや価値観に応じて選ぶことができます。

ランニングコストを意識した戦略の重要性

ランクル200の魅力はその堅牢な造りや高い走行性能にありますが、購入を検討する際には、初期の販売価格だけでなく、継続的にかかるランニングコストをしっかりと評価することが求められます。

この車の所有と運用には、燃料費、保険料、税金、そして定期的な点検や部品交換などのメンテナンス費用が伴います。

特に、ランクル200のような大型SUVは、都市部での燃費が他のコンパクトカーよりも劣ることが多く、ガソリン代が想定以上にかかることも。

また、大排気量のための高い自動車税や、重量に応じた重量税も考慮する必要があります。

さらに、高品質な部品や専用のオイル、フィルターなどの消耗品は、一般的な車種よりも高価であることが多いです。

これらのランニングコストを総合的に評価し、維持・運用が自身の予算やライフスタイルに合致するかを確認することで、後悔のない車選びができます。

ランクル200は後悔する車か?についての総括

記事のポイントをまとめます。

  • ランクル200は高価である
  • 燃費はあまり良くない
  • 保守・修理費用が高い
  • 大きな車体のため、都市部での運転は難しい
  • 高級車のため、盗難のリスクが高い
  • 保険料が高額である
  • オフロード性能は高いが、日常使用では必要ない場合が多い
  • 一部のユーザーは、購入後に他の車種を検討すべきだったと感じる
  • ランクル200の魅力を理解するための時間が必要
  • 購入を検討する際は、十分な情報収集と検討が必要である

高く売るならディーラー下取りはおすすめしません。車を一番高く売るには複数の買い取り業者に競わせること。30~50万円高い査定額が出ることも珍しくありません。時間が経過するほど買取相場は下がる傾向にあるため、なるべく早めに調べておくことをお勧めします。

👑MOTA車買取査定

  • 簡単45秒!
  • 最大20社の査定結果がネットで確認!
  • 翌日には結果が確認可能!
  • 高額査定の3社のみのやりとりでOK!
  • 最高額の買取店がすぐにわかる
  • 査定料や売却手数料なども一切不要
  • 売買契約後のキャンセルも可能

MOTA買取車詳細を確認したい方はこちら

サクッと査定を行いたい方はこちら

コメント