フォルクスワーゲン外車地獄になるから買ってはいけない?真相を解明

フォルクスワーゲンは世界中で愛されている自動車ブランドの一つですが、一方で「フォルクスワーゲン外車地獄」という言葉を耳にすることがあります。

この言葉が示す通り、フォルクスワーゲンをはじめとする外車を購入することには、予想外のコストやトラブルが伴うことがあります。

では、本当にフォルクスワーゲンは「買ってはいけない」車なのでしょうか?

この記事では、フォルクスワーゲンを購入する際のリスクとその真相に迫ります。

購入を検討している方はもちろん、興味を持っている方にも役立つ情報を提供しますので、ぜひ最後までご覧ください。

記事のポイント
  • フォルクスワーゲンを含む外車が「外車地獄」と呼ばれる理由
  • フォルクスワーゲンの維持費や修理費用に関する具体的な情報
  • フォルクスワーゲンの品質や故障に関する過去の事例と現在の状況
  • フォルクスワーゲンを購入する際に注意すべきポイントとその対策方法

フォルクスワーゲン外車地獄の真相:買ってはいけない?

フォルクスワーゲン

  • 過去発生した排ガス規制問題の影響
  • 外車地獄になるから
  • 故障が多いイメージ
  • 修理代が高い
  • フォルクスワーゲンに限らず外車は下取りが安くなる傾向
  • 品質が悪いは本当か?
  • 所有者は貧乏人なのか?

過去発生した排ガス規制問題の影響

フォルクスワーゲンが直面した排ガス規制問題は、2015年に発覚し、世界中で大きな注目を集めました。

この問題は「ディーゼルゲート」とも呼ばれ、フォルクスワーゲンの一部ディーゼル車に搭載されていたソフトウェアが、排ガステスト時のみ排出ガスを規制値内に抑えるように操作されていたことが判明しました。

この不正操作により、実際の運転状況では排出ガスが規制値を大幅に超えることがあり、環境への影響が懸念されました。

この事件の影響で、ブランドイメージは大きく損なわれました

この事件が発覚した当初、多くの消費者はフォルクスワーゲンの車を「買ってはいけない」と感じるようになりました。

しかし、フォルクスワーゲンはこの問題を真摯に受け止め、不正ソフトウェアを搭載した車種のリコールやソフトウェアのアップデートを行い、排ガスの不正操作を行っていないことを証明するために多くの努力をしました。

また、新しい車種の開発においても、より厳しい排ガス規制をクリアするための技術開発に注力し、環境への配慮を強化しています。

このように、フォルクスワーゲンは排ガス規制問題を乗り越え、再び消費者の信頼を得るために努力を重ねています

しかし、この過去の問題があるために、「買ってはいけない」と言われる要因の一つとなっているのも事実です。

消費者としては、このような過去の問題を踏まえた上で、購入を検討する必要があります。

外車地獄になるから

「フォルクスワーゲン外車地獄」という言葉は、フォルクスワーゲンを含む外車の所有に関する一般的な懸念を表しています。

「外車地獄」の一因となるのが、外車の下取り価格の低さです。フォルクスワーゲンの新車を購入した際、すぐに価値が下がることはよく知られています。

例えば、新車で購入したフォルクスワーゲンが数年後にはその価値の50%以下になることも珍しくありません。これは、国産車に比べて外車の減価償却が早いためです。

このような状況が「外車地獄」を生んでおり、一度外車を購入すると、高額な修理費用と低い下取り価格のために次も外車を購入せざるを得なくなるという悪循環に陥りやすくなります

これが「フォルクスワーゲン外車地獄」と言われる理由であり、購入を検討する際には十分なリサーチと計算が必要となります。

故障が多いイメージ

2017年、フォルクスワーゲンは故障が多いというイメージを持たれることとなりました。

この年に報告された故障の数は、他の多くの自動車メーカーと比較しても顕著に多かったのです。

具体的には、「日本自動車耐久品質調査」において、フォルクスワーゲンの故障率は他の主要メーカーと比較して最下位に位置していました。

しかし、このデータは2017年のものであり、フォルクスワーゲン自体もこの問題を重く見て品質改善に努めてきました。

その結果、近年では故障率が改善され、より信頼性の高い車を提供しています。

実際に、車両の品質を評価する様々な調査で、フォルクスワーゲンのランキングは上昇傾向にあります。

例えば、J.D. Powerの車両信頼性調査では、フォルクスワーゲンは過去数年で順位を上げており、業界平均を上回る評価を受けています。

また、故障が多いとされる車種に関しても、これはフォルクスワーゲンに限った話ではありません。

他の多くの自動車メーカーにも、故障が多いとされる車種は存在します。

重要なのは、購入前にしっかりとリサーチを行い、信頼性の高い車種を選ぶことです。

フォルクスワーゲンが過去に故障が多いというイメージを持たれてしまったことは事実ですが、それを乗り越えて品質を向上させてきた努力も評価されるべきです。

修理代が高い

ドイツ製のフォルクスワーゲンは、高度な技術と品質を誇る一方で、その複雑な構造が修理代を押し上げる要因となっています。

部品代に関しても、フォルクスワーゲンはドイツからの輸入部品を多く使用しているため、国産車と比較して高額になることが多いです。

特にエンジンやトランスミッションなどの主要部品が故障した場合、修理代は数十万円から数百万円単位にのぼることもあります。

しかし、これらのコストは購入前に把握し、予算計画に含めておくべきものです。

また、高額な修理代を避けるためには、定期的なメンテナンスが不可欠です。

オイル交換やタイヤの点検など、基本的なメンテナンスを怠らなければ、大きな故障を未然に防ぐことが可能です。

フォルクスワーゲンの車を長く、安全に乗り続けるためには、修理代が高いという事実を理解し、適切なメンテナンスを心がけることが重要です。

これにより、「修理代が高い」というデメリットを最小限に抑え、フォルクスワーゲンの車を存分に楽しむことができます。

フォルクスワーゲンに限らず外車は下取りが安くなる傾向

外車を所有する際に考慮すべき点の一つが、下取り価格の低さです。

フォルクスワーゲンを含む多くの外車ブランドは、国産車と比較して下取り価格が低く設定される傾向にあります

具体的な数字を挙げると、使用状況や年式にもよりますが、フォルクスワーゲンの下取り価格は新車価格の約30%〜40%程度になるような印象です。

これは、国産車の下取り価格が新車価格の約50%程度であることと比較すると、明らかに低い水準です。

しかし、これはフォルクスワーゲンに限った話ではなく、外車全般に言えることです。

そのため、外車を購入する際には、下取り価格の低さを考慮に入れ、長期的なコストを見積もることが重要です。

最終的には、フォルクスワーゲンを含む外車を選ぶ際には、下取り価格の低さを理解し、それでもその車を選ぶ価値があるかどうかを慎重に判断することが求められます。

高い修理費用や部品の供給問題をクリアしてでも、その車の魅力を感じることができれば、外車を選ぶ価値は十分にあると言えるでしょう。

品質が悪いは本当か?

フォルクスワーゲンの品質については、過去の排ガス規制問題や故障が多いというイメージから、一部で悪いとされることがあります

しかし、フォルクスワーゲンはドイツの老舗自動車メーカーであり、長い歴史の中で培われた高い技術力と革新性を持っています。

特にエンジン技術や安全性においては、世界の自動車メーカーの中でもトップクラスの性能を誇ります。

過去には品質に関する問題がありましたが、近年のモデルでは、これらの努力が実を結び、故障率の低下や耐久性の向上が報告されています。

もちろん、車種によってはまだ改善の余地があるかもしれませんが、ブランド全体としては高い品質を維持していると言えるでしょう。

最終的には、車を選ぶ際にはブランドのイメージだけでなく、具体的なデータや実際の評価を参考にすることが重要です。

フォルクスワーゲンの車を選ぶ際にも、最新の情報をもとに判断することで、満足のいく選択ができるでしょう。

所有者は貧乏人なのか?

「フォルクスワーゲンは貧乏人が乗る車」というイメージが一部で存在するかもしれませんが、これは実際のところ大きな誤解です。

フォルクスワーゲンは、その起源を辿れば「人々の車」を意味し、幅広い層の人々に利用されることを目指して設立されました。

フォルクスワーゲンの車種は、エントリーモデルから高級車、SUV、スポーツカーに至るまで非常に幅広く、それぞれの車種が異なるニーズに応えることができるように設計されています。

例えば、コンパクトカーの「ポロ」は手頃な価格でありながら高い品質を誇り、若者や小さな家族に人気があります。

一方で、「ゴルフ」や「パサート」のようなモデルは、より高級感と快適性を求める層に支持されています。

価格帯に関しても、エントリーモデルでは200万円台から購入することが可能であり、高級モデルでは1000万円を超えるものもあります。

このように、フォルクスワーゲンは経済状況に関わらず幅広い選択肢を提供しており、多くの人々に選ばれています。

このように、フォルクスワーゲンは「貧乏人が乗る車」というイメージを超え、多様なニーズに応えることができるブランドであると言えるでしょう。

モデル名価格
Polo¥2,739,000 ~
T-Cross¥3,217,000 ~
Golf¥3,342,000 ~
Golf Variant¥3,500,000 ~
The new Polo GTI¥4,357,000 ~
Golf Touran¥4,435,000 ~
T-Roc¥4,172,000 ~
Tiguan¥4,636,000 ~
The new ID.4¥5,142,000 ~
Golf GTI¥5,144,000 ~
Passat Variant¥5,115,000 ~
Arteon¥6,460,000 ~
Passat Alltrack¥6,275,000 ~
Golf R Variant¥6,905,000 ~
Arteon Shooting Brake¥6,689,000 ~
T-Roc R¥6,644,000 ~
Golf R¥6,772,000 ~
Tiguan R¥7,764,000 ~
モデル価格一覧

フォルクスワーゲンは本当に買ってはいけないのか:外車地獄を避けるために

フォルクスワーゲン

  • 輸入車のデメリット
  • 「やばい」という表現だけで判断しないことが大切
  • フォルクスワーゲン に乗る人の特徴と魅力
  • 購入時のポイント
  • フォルクスワーゲン外車地獄になるから買ってはいけない?についての総括

輸入車のデメリット

国産車と比較すると燃費性能が悪い

フォルクスワーゲンをはじめとする多くの輸入車は、そのパフォーマンスと快適性に優れている一方で、国産車と比較した際に燃費性能が劣る傾向があります。

これは、エンジンの性能や車体の重量、さらには車の設計思想に起因していると言えます。

例えば、フォルクスワーゲンのエンジンは、高いパワーとトルクを発揮するように設計されていますが、これが燃費効率の低下を招く要因となっています。

また、車体が重いことも、燃費性能に影響を与えています。

重い車体は、エンジンにより多くの力を要求するため、結果として燃料消費量が増加します。

燃費を重視する方にとっては、この点は非常に重要な判断材料となります。

排気量が大きな傾向で税金が高くなりがち

フォルクスワーゲンをはじめとする多くの輸入車は、そのパワフルなエンジン性能と豊かな走行性能を提供する一方で、排気量が大きいモデルが多く存在します。

これは、ドイツ車特有のエンジン設計と車体の大きさに起因しており、その結果として自動車税が高額になる傾向があります。

自動車税は、排気量に応じて税率が異なるため、排気量が大きいほど税金が高くなります。

したがって、車を購入する際には、単に車両価格だけでなく、維持費用も含めてトータルで考えることが重要です。

特に自動車税は毎年支払う必要があるため、長期的な視点でコストを把握しておくことが求められます。

購入前には、排気量と自動車税の関係をしっかりと理解し、予算に合った車選びを心がけることが大切です。

また、排気量が大きい車に乗ることのメリットも考慮に入れつつ、バランスの取れた選択をすることが賢明です。

「やばい」という表現だけで判断しないことが大切

「フォルクスワーゲンはやばい」という一般的な表現は、非常にあいまいで、詳細な情報が欠けています。

このようなコメントを耳にした場合、具体的な根拠や裏付けを求めることが肝要です。

一般的に「やばい」という言葉は否定的な意味で用いられがちですが、フォルクスワーゲンのケースでは、以前の排ガス規制違反問題や頻発する故障といった過去の事例が影響を及ぼしているかもしれません。

しかし、フォルクスワーゲンはこれらの問題に対して真摯に取り組み、改善策を講じています。排ガス問題に関連して、同社は莫大な罰金の支払いを行い、影響を受けた車両に対するリコールや改修措置を施しました。

さらに、製品の品質向上に努めるため、内部体制の再編と新技術の導入に取り組んでいます。

故障率についても、フォルクスワーゲンは品質改善を進めており、故障の発生頻度は低下しています。

したがって、フォルクスワーゲンに関する評価を下す際には、「やばい」という表現だけに頼らず、実際のデータや最新の情報を基に判断することが不可欠です。

車の購入は大きな決断であるため、感情に左右されることなく、十分な情報収集を行い、納得のいく選択を心掛けることが望まれます。

フォルクスワーゲン に乗る人の特徴と魅力

フォルクスワーゲンを選ぶドライバーは、一般的にその独特なデザインとブランドイメージに強い魅力を感じています。

彼らは単に移動手段としての車を求めるのではなく、車自体に対する情熱やこだわりを持っていることが多いです。

フォルクスワーゲンの車は、その洗練されたデザインと高い品質で知られており、特に内装においては細部にわたるまでこだわりを感じさせる作りとなっています。

また、ドイツ車特有の堅牢な作りと高い走行性能も、フォルクスワーゲンを選ぶ大きな理由の一つです。

ドイツの自動車メーカーは、長い歴史と伝統を持ち、その技術力は世界中で高く評価されています。

フォルクスワーゲンの車は、高速道路での安定した走行性能や、曲がりくねった道での優れたハンドリング性能を提供します。

このような特徴から、フォルクスワーゲンを選ぶドライバーは、車に対して高い期待を持ち、その性能やデザインを存分に楽しむことを求めています。

彼らは車を単なる移動手段ではなく、ライフスタイルの一部と捉えており、その選択には自己表現やアイデンティティを反映させていることが多いです。

これらの特徴を踏まえると、フォルクスワーゲンに乗る人々は、デザインや性能に対する高いこだわりを持ち、車との強い結びつきを感じていると言えるでしょう。

彼らにとって、フォルクスワーゲンは単なる車ではなく、自分自身を表現するための大切なパートナーなのです。

購入時のポイント

フォルクスワーゲンを含む外車を購入する際には、多くのポイントを考慮する必要があります。外車地獄と呼ばれる状況を避けるためには、以下のポイントに注意しておくことが重要です。

1. 修理代と維持費の把握

外車は国産車に比べて修理代が高くなる傾向があります。

特にフォルクスワーゲンのようなドイツ車は、部品代が高価であることが多いです。

また、専門のメカニックが必要となることもあり、修理にかかる時間が長くなることも考慮する必要があります。

これらのコストを把握し、予算計画を立てることが大切です。

2. 定期的なメンテナンス

外車は高性能である一方で、メンテナンスを怠ると故障しやすくなる傾向があります。

定期的な点検やオイル交換を行い、車を常にベストな状態に保つことが重要です。

これにより、長期間にわたって車を安定して使用することが可能となります。

3. 自分に合った車を選ぶ

フォルクスワーゲンには様々なモデルがあります。

自分のライフスタイルや使用目的に合った車を選ぶことが重要です。

例えば、市街地での使用がメインであればコンパクトカーを、長距離のドライブが多い場合は快適性を重視したモデルを選ぶと良いでしょう。

4. リセールバリューを考慮する

外車は新車時の価格が高い一方で、中古車市場でのリセールバリューが低い傾向があります。

将来的に車を売却する可能性がある場合は、この点を考慮しておく必要があります。

以上のポイントを踏まえ、しっかりとリサーチを行い、自分に合ったフォルクスワーゲンを選ぶことが、外車地獄を避けるための鍵となります。

フォルクスワーゲンには魅力的なモデルが多くありますので、正しい知識を持って賢い選択をしましょう。

フォルクスワーゲン外車地獄になるから買ってはいけない?についての総括

記事のポイントをまとめます。

  • フォルクスワーゲンは修理費用が高額になることがある
  • 外車は部品の入手が困難で、修理に時間がかかる場合がある
  • メンテナンスには専門の技術が必要で、対応できるショップが限られている
  • 排ガス規制問題の影響
  • 故障が多いはあくまでイメージ
  • 各モデルの価格幅が広く、多くの人が最適なモデルを選択できる
  • 所有者はデザインとブランドイメージに強い魅力を感じている人が多い
  • 税金が高くなることがある
  • 再販価値が低いため、売却時に損をすることがある
  • リセールバリューを考えた上で購入を検討する必要がある
  • やばいという表現は抽象的すぎる

高く売るならディーラー下取りはおすすめしません。車を一番高く売るには複数の買い取り業者に競わせること。30~50万円高い査定額が出ることも珍しくありません。時間が経過するほど買取相場は下がる傾向にあるため、なるべく早めに調べておくことをお勧めします。

👑MOTA車買取査定

  • 簡単45秒!
  • 最大20社の査定結果がネットで確認!
  • 翌日には結果が確認可能!
  • 高額査定の3社のみのやりとりでOK!
  • 最高額の買取店がすぐにわかる
  • 査定料や売却手数料なども一切不要
  • 売買契約後のキャンセルも可能

MOTA買取車詳細を確認したい方はこちら

サクッと査定を行いたい方はこちら

コメント