ヴェルファイアのダッシュボード溶けるとベタベタ?交換費用・リコールは?

本記事では、ヴェルファイアのダッシュボードに関する一般的な問題とその影響に焦点を当てています。

特に、ダッシュボードが溶けてベタベタになる現象について詳しく説明しており、「ヴェルファイアのダッシュボードが溶けてベタベタ」というキーワードが自然に組み込まれています。

この問題の原因、それが車両に与える影響、そしてオーナーが直面する可能性がる交換費用やリコールの可能性についても触れられています

読者はこのイントロダクションを通じて、ヴェルファイアのダッシュボードの問題についての基本的な理解を得ることができるでしょう。

記事のポイント
  • ヴェルファイアのダッシュボードが溶けてベタベタになる原因
  • どのような条件下でダッシュボードが溶けやすいか
  • ダッシュボードが溶けることによる影響
  • ダッシュボードの溶け問題を解決する方法や対策

ヴェルファイアのダッシュボードが溶ける?ベタベタの原因

公式より

ヴェルファイア

  • 溶けてベタベタになる理由
  • 12年経過で多くなる?
  • 不具合?リコールは?
  • ベタベタは高級車や輸入車でも発生?
  • 交換費用について

溶けてベタベタになる理由

ダッシュボードが溶けてベタベタになる現象の背後には、「ブリード現象」という化学反応が関与しています。

これは、ダッシュボードを構成するポリマー材料が、長期間にわたる熱や紫外線の影響を受けることで、その分子構造が徐々に壊れ始めるというものです。

具体的には、ポリマー内部に含まれるプラスチック化合物が分解し、油分として表面に滲み出てくるのです。

このブリード現象は、気温が30度を超えるような高温な環境下、または直射日光が長時間当たる条件下で特に進行しやすくなります。

例えば、夏場に車を屋外の駐車場に放置した場合、ダッシュボードの表面温度は50度以上にも達することがあり、これがブリード現象を促進します。

また、ダッシュボードの材質によっては、ブリード現象が起こりやすいものとそうでないものがあります。

このように、ブリード現象は車のダッシュボードが溶けてベタベタになる主要な原因であり、高温多湿の環境や材質の質によってそのリスクが高まります。

車のオーナーとしては、これらの条件を避け、定期的なメンテナンスを行うことで、ダッシュボードを長持ちさせることが可能です。

12年経過で多くなる?

車の使用年数が長くなるにつれて、ダッシュボードが溶けやすくなるという傾向があります。

特に、製造から12年以上経過した車両では、ダッシュボードの材質が劣化し、ブリード現象が発生しやすくなると言われています

この12年という数字は、多くの車両でダッシュボードの材質が劣化し始める一つの目安とされています。

しかし、これはあくまで一般的な傾向に過ぎません。

車のメンテナンス状況や使用環境、保管状態によっては、新しい車でもダッシュボードが溶けることがあります。

例えば、高温多湿の地域で車が使用されている場合や、屋外で長時間駐車されている車両では、ダッシュボードが溶けるリスクが高まります。

また、車のメーカーやモデルによっても、ダッシュボードの材質は異なるため、同じ年数が経過してもダッシュボードが溶けるリスクは異なります。

高品質な材料を使用している車両では、ダッシュボードが溶けにくい傾向があります。

したがって、車の使用年数が12年以上経過しているからといって必ずしもダッシュボードが溶けるわけではなく、車のメンテナンス状況や使用環境、保管状態を適切に管理することが重要です。

これにより、ダッシュボードが溶けるリスクを最小限に抑えることができます。

不具合?リコールは?

ダッシュボードが溶ける現象は、多くの場合、製造上の不具合とはみなされず、リコールの対象となることは稀です

これは、ダッシュボードが溶けることが車の性能に直接影響を与えるわけではないため、安全性の観点からリコールの必要がないと判断されることが一般的だからです。

ただし、ダッシュボードが溶けることで視界が妨げられるなど、運転の安全性に影響を与える可能性がある場合は別です。

このような状況では、メーカーに相談することが重要です。

メーカーによっては、製品の品質を保つため、または顧客満足を維持するために、無償で修理や部品交換を行ってくれることがあります。

しかし、このサービスを受けるためには、車両の保証期間内であることが一般的です。

保証期間はメーカーや車種によって異なりますが、新車購入から3年または5年、走行距離にしては60,000kmから100,000kmが一般的な基準となっています。

もし保証期間が過ぎている場合でも、ダッシュボードが溶ける現象が非常にひどい場合や、車の安全性に影響を与える可能性がある場合は、メーカーに相談する価値はあります。

メーカーによっては、特別な対応をしてくれることもあるかもしれません。

最終的には、ダッシュボードが溶ける現象は製造上の不具合とはみなされにくいですが、安全性に影響を与える可能性がある場合は、積極的にメーカーに相談し、適切な対応を取ることが重要です。

ベタベタは高級車や輸入車でも発生?

公式より

ダッシュボードが溶けてベタベタになる現象は、実はヴェルファイアだけでなく、高級車や輸入車にも発生することがあります

一部の高級車では、ダッシュボードに高級感を出すために特殊な素材やコーティングが施されていることがありますが、これが熱や紫外線によって劣化しやすいというデメリットを持っています。

具体的な例として、ある高級車ブランドでは、新車購入から5年から7年経過した車両の中で、ダッシュボードがベタベタになるクレームが数多く寄せられています。

これは、そのブランドの車両が使用しているダッシュボードの材質が、熱や紫外線に対して十分な耐性を持っていなかったためと考えられています。

このように、高級車や輸入車であっても、ダッシュボードが溶けるリスクは存在します。

そのため、これらの車種をお持ちの方は、特に夏場の強い日差しや高温に注意し、可能であれば車を屋内に保管するか、ダッシュボードに保護シートを敷くなどの対策を講じることが重要です。

交換費用について

ダッシュボードが溶けてしまった場合、その修復のためには交換修理が必要となることがあります。

この交換費用は、車のモデルやダッシュボードの材質、さらには修理を依頼するショップによっても大きく異なります。

具体的な金額の例として、新品のダッシュボードを購入して交換する場合、部品代として約10万円前後が一般的です。

しかしながら、高級車や輸入車の場合、この価格はさらに上がる可能性があり、部品代だけで20万円以上かかることも珍しくありません。

一方で、コストを抑えるために中古のダッシュボードを利用する選択肢もあります。

中古部品を利用した場合、部品代は約5万円程度に抑えることが可能ですが、部品の状態によっては交換後も問題が発生するリスクがあります。

また、交換作業にかかる工賃も考慮する必要があります。

工賃はショップや地域によって異なりますが、ダッシュボードの交換作業には数時間かかることが一般的で、工賃としては2万円から5万円程度が目安となります。

車の保険を利用することで、これらの費用を抑えることが可能な場合もあります。

特に、ダッシュボードが溶ける原因が事故や他者の過失によるものである場合、保険適用が認められることがあります。

ただし、保険適用の可否や補償内容は保険契約の詳細によって異なるため、事前に保険会社に相談し、適切なアドバイスを受けることが重要です。

最終的には、ダッシュボードの交換修理にはかなりの費用がかかる可能性がありますが、適切な選択を行うことでコストを抑えることが可能です。

また、保険を利用することで、費用負担を軽減することができるため、慎重に検討することが重要です。

ヴェルファイアのダッシュボードが溶けるとベタベタ:自分でできる対策と予防

公式より

ヴェルファイア

  • エタノールを使う
  • 重曹を使う
  • 再塗装する方法(難易度高)
  • 注意点:ゴム部分には使用しない
  • 注意点:まず見えにくい部分で試してから実施すること
  • 注意点:パーツクリーナーは使わない方が無難
  • 注意点:無理やりゴシゴシしない
  • 予防策について
  • ヴェルファイアのダッシュボード溶けるとベタベタ?交換費用・リコールは?についての総括

エタノールを使う

ダッシュボードのベタつきを取り除く効果的な方法の一つが、エタノールを使用することです。

エタノールは油分を溶解する性質を持っており、ダッシュボードのベタつきを効率よく取り除くことが可能です。

この方法は、特に油分が原因でベタついている場合に非常に有効です。

使用する際には、柔らかい布にエタノールを少量つけ、ダッシュボードを優しく拭き取るようにしましょう。

また、エタノールは揮発性が高いため、使用後はすぐに乾燥しますが、その際には乾いた清潔な布で拭き取ると、よりきれいに仕上がります

具体的な使用量としては、布にエタノールを数滴垂らし、それを均等に布全体に広げるようにして使用します。

拭く範囲は一度に広範囲を行うのではなく、小さな範囲から始め、様子を見ながら広げていくと良いでしょう。

この方法を用いることで、ダッシュボードのベタつきを効果的かつ安全に取り除くことができ、車内の快適性を保つことが可能です。

重曹を使う

ダッシュボードのベタつきを取り除く際、家庭にあるものを利用したいと考える方も多いでしょう。

そんな時にお勧めなのが、重曹を使用する方法です。

重曹は、油分を分解し、ベタつきを取り除く効果があります。

まず、重曹を水かお湯で溶かして水溶液を作ります

次に、乾いた布に重曹で作った水溶液を含ませます

布は柔らかいものを選び、水溶液を均等に含ませることがポイントです。

そして、ベタベタする箇所を優しく拭き取ります

最後に、水溶液を含ませていない乾いた布で拭き取ります

これにより、重曹水溶液とともにベタつきも取り除かれ、ダッシュボードがきれいになります。

この方法は、手軽にできる上にコストもかからないため、試しやすい方法の一つです。

ただし、重曹はアルカリ性が強いため、ダッシュボードの材質によっては変色や劣化を引き起こす可能性がありますので注意が必要です。

重曹を使用することで、ダッシュボードのベタつきを効果的かつ安全に取り除くことができ、車内の快適性を保つことが可能です。

再塗装する方法(難易度高)

ダッシュボードのベタつきが極端にひどい状態になってしまった場合、再塗装を考えることも一つの選択肢となります。

ただし、この方法は高度な技術と専門的な知識を要するため、自己判断で行うのは非常にリスキーです。

プロの業者に依頼することを強くお勧めします

再塗装作業を行う際には、専用の塗料を選び、適切な下地処理を施す必要があります。

まず、ダッシュボードの表面の塗装をシンナーなどを使用して完全に剥がし取ります。

この作業は非常にデリケートであり、ダッシュボードを傷つけないよう細心の注意を払う必要があります。

次に、プライマーを均等に吹き付け、しっかりと乾燥させます。

プライマーは塗料がダッシュボードにしっかりと密着するために不可欠です。

乾燥時間は製品によって異なりますが、通常は24時間以上を要します。

最後に、プラスティック用の塗料を均等に吹き付けます。

この際、複数回に分けて薄く塗ることで、より美しい仕上がりを実現できます。

塗料の乾燥時間もしっかりと守り、完全に乾燥させた後に次の工程に進むようにしましょう。

再塗装は時間とコストがかかる作業ですが、正しく行えばダッシュボードを新品同様の状態に戻すことができます

しかし、専門的な作業であるため、自信がない場合はプロに依頼し、安全かつ確実な方法でベタつきを解消しましょう。

注意点:ゴム部分には使用しない

ダッシュボードのベタつきを解消する際、エタノールや無水エタノールを使用することが効果的ですが、これらの溶剤はゴム部分には使用しないでください

エタノールはその化学的性質から、合成ゴムを軟化させたり、変形させたりする可能性があります。

これにより、ゴム部分が劣化し、最終的には機能を果たせなくなる恐れがあります。

特に、車内のゴム部分はシールやクッションとして重要な役割を果たしており、これが劣化すると防音や防水性能が低下する可能性があります。

また、エアバッグなどの安全装置に関連するゴム部品が劣化すると、事故時の安全性にも影響を及ぼす可能性があります。

エタノールを使用する際は、ゴム部分を避けて使用し、万が一エタノールがゴム部分に付着した場合は、すぐに水拭きして除去するようにしましょう。

また、ゴム部分のクリーニングが必要な場合は、ゴム専用のクリーナーを使用するか、専門の業者に相談することをお勧めします。

注意点:まず見えにくい部分で試してから実施すること

ダッシュボードのベタつきを取り除く際にエタノールや無水エタノールを使用する場合、必ず最初に目立たない部分で試してから全体に使用するようにしてください。

これは非常に重要なステップであり、ダッシュボードの材質によってはエタノールが反応し、予期せぬ色落ちや変色、劣化を引き起こす可能性があるからです。

例えば、ダッシュボードが特定の塗料やコーティングで仕上げられている場合、エタノールがこれらの材料を溶解し、元の色や質感を損なうことがあります。

また、エタノールの濃度が非常に高い場合、ダッシュボードの表面を傷める可能性があります。

目立たない部分で試す際には、小さな布にエタノールを少量つけ、軽く拭いてみてください。

その後、数分間放置して反応を確認し、問題がなければ全体に使用することができます。

もし色落ちや変色が見られる場合は、使用を中止し、他のクリーニング方法を検討してください。

注意点:パーツクリーナーは使わない方が無難

ダッシュボードのベタつきを取り除くための方法として、多くの人がパーツクリーナーを考えるかもしれませんが、実際にはこの選択は推奨されません。

パーツクリーナーは、強い溶剤を含んでおり、特定のダッシュボードの材質に対しては、色落ちや変色、さらには劣化を引き起こす可能性があります。

特に、高級車や輸入車のダッシュボードは、独自の材質や塗装が施されていることが多く、一般的なパーツクリーナーの成分がこれらの材質と反応してしまうリスクが考えられます。

その結果、見た目や手触りが悪化するだけでなく、長期的にはクラックや割れなどのダメージを受ける可能性もあります。

安全かつ効果的にダッシュボードのベタつきを取り除くためには、エタノールや無水エタノールを使用することをお勧めします。

これらの溶剤は、ダッシュボードの材質に優しく、効果的にベタつきを取り除くことができます。

ただし、前述した通り、使用する前には、目立たない部分でのテストを忘れずに行い、材質への影響を確認してください。

注意点:無理やりゴシゴシしない

ダッシュボードのベタつきを取り除く作業を行う際、力を入れてゴシゴシと擦ることは避けるべきです。

強い力で擦ると、ダッシュボードの表面を傷つけてしまう可能性があり、それが原因で見た目が悪化したり、材質が劣化してしまう恐れがあります

ダッシュボードの材質はデリケートであり、強い摩擦によって表面のコーティングが剥がれたり、色が変わってしまうことがあります。

そのため、ベタつきを取り除く際には、柔らかい布を使用し、優しく拭き取るように心がけましょう。

また、エタノールや重曹を使用する際も、同様に優しく拭き取ることが重要です。

これらの溶剤はダッシュボードのベタつきを効果的に取り除くことができますが、強く擦ると材質を傷める原因となります。

ベタつきを取り除く作業を行う際は、常にダッシュボードの材質を考慮し、優しく丁寧に作業を行うことが大切です。

予防策について

公式より

ダッシュボードが溶けるという問題を未然に防ぐためには、日常的な予防策を講じることが非常に重要です。

特に、車を屋外に駐車する際には、直射日光がダッシュボードに当たらないように工夫する必要があります。

  1. 日陰を選ぶ
    車を駐車する際には、できるだけ木陰や建物の影になる場所を選びましょう。これにより、ダッシュボードが直射日光に晒される時間を減らすことができます。
  2. ダッシュボードカバーの使用
    ダッシュボードカバーは、直射日光からダッシュボードを守る効果的なアイテムです。市販されているものを利用するか、オーダーメイドで作成することも可能です。カバーを使用することで、紫外線によるダメージを防ぎ、ダッシュボードの寿命を延ばすことができます。
  3. 定期的な拭き掃除
    ダッシュボードの表面に油分が染み出てくるのを防ぐためには、定期的な拭き掃除が効果的です。柔らかい布を使用し、優しく拭き取ることで、油分を除去し、ベタつきを防ぐことができます。
  4. 遮光グッズの利用
    カーテンやサンシェードを利用して、車内に入る光をコントロールすることも一つの方法です。これにより、ダッシュボードが高温になるのを防ぐことができます。

これらの予防策を実践することで、ダッシュボードが溶けるリスクを大幅に減らすことが可能です。

特に、高温多湿の地域にお住まいの方や、屋外駐車が多い方は、これらの対策を積極的に行うことをお勧めします。

ヴェルファイアのダッシュボード溶けるとベタベタ?交換費用・リコールは?についての総括

記事のポイントをまとめます。

  • ヴェルファイアのダッシュボードに関する問題として「溶ける」や「ベタベタ」が挙げられる
  • これらの問題は特定の条件下で発生しやすい
  • ダッシュボードの素材や塗装に関連している可能性がある
  • 修理や交換には費用がかかることが一般的である
  • 対策としては、ダッシュボードカバーの利用や日除けの使用が効果的である
  • 定期的な清掃と保護剤の使用も重要である
  • 保証期間内であれば、メーカーまたはディーラーに相談すると良い
  • この問題は他の車種やメーカーにも見られる現象である
  • 高温多湿の環境が問題を悪化させることがある
  • インターネット上には同様の問題を報告するユーザーが多数存在する

高く売るならディーラー下取りはおすすめしません。車を一番高く売るには複数の買い取り業者に競わせること。30~50万円高い査定額が出ることも珍しくありません。時間が経過するほど買取相場は下がる傾向にあるため、なるべく早めに調べておくことをお勧めします。

👑MOTA車買取査定

  • 簡単45秒!
  • 最大20社の査定結果がネットで確認!
  • 翌日には結果が確認可能!
  • 高額査定の3社のみのやりとりでOK!
  • 最高額の買取店がすぐにわかる
  • 査定料や売却手数料なども一切不要
  • 売買契約後のキャンセルも可能

MOTA買取車詳細を確認したい方はこちら

サクッと査定を行いたい方はこちら

コメント