レクサスLCの欠点をまとめます:欠点を超えるその魅力とは

レクサス LCは、その洗練されたデザインと高性能で多くのドライバーを魅了していますが、完璧な車とは言えず、いくつかの欠点も持ち合わせています。

この記事では、レクサス LCの持つ魅力とともに、その不満点や欠点について詳しく解説していきます。

読者の皆様がレクサス LCと共に素晴らしいドライブを楽しむためにも、購入前に知っておくべきポイントを明らかにしていきます。

記事のポイント
  • レクサスLC の燃費や後席の狭さなどの具体的な欠点
  • ブレーキペダルの硬さやダンパーのセッティングに関する不満点
  • 装備面での他車種との比較とその見劣り
  • 欠点を超えるレクサスLCの魅力

レクサスLCの欠点:全体概要

レクサスLXシルバーの車
公式より

レクサス

  • 燃費の問題点
  • 後席の狭さ:家族連れには不向き?
  • ブレーキのペダルフィール:硬さに対する不満
  • ダンパーの不満点:乗り心地への影響
  • 装備の見劣り:他車種との比較
  • ハイブリッドシステムの課題:トルク減少の問題
  • 収納スペースの少なさ:日常使いの限界
  • 運転の難しさ:初心者には挑戦的

燃費の問題点

LC500モデルは、5.0リッターV8エンジンを搭載し、最大出力471馬力、最大トルク54.0kgmを発揮することで、その圧倒的なパフォーマンスを実現しています。

しかし、この高性能エンジンの反面、燃費効率には課題があります。具体的には、LC500の公式燃費は約8.4km/リットル(LC500h は14.4km/リットル)となっており、これは同クラスの他の高級クーペと比較しても低い数値です。

例えば、競合する高級クーペの中には、同等のパワーを持ちながら10km/リットル以上の燃費を実現しているモデルも存在します。

この燃費の問題は、特に長距離のドライブや日常的な使用を考えるドライバーにとっては、燃料コストの面で大きな負担となり得ます。

また、環境意識が高まる現代において、燃費の悪さはエコフレンドリーな車を求めるユーザーにとっては重要なデメリットとなる可能性があります。

このため、レクサス LC500を選ぶ際には、そのパフォーマンスの魅力と燃費のバランスを慎重に考慮する必要があります。

後席の狭さ:家族連れには不向き?

ドライバーと助手席の快適性に重点を置いていますが、このアプローチが後席のスペースに影響を及ぼしています。

具体的には、後席のレッグルームはわずか約700mm(クーペモデル)と非常に狭く、成人が快適に座るには不十分です。

さらに、後席のヘッドルームも限られており、身長が高い人が座ると頭が天井に触れる可能性が高いです。

これは、全高が1,345mm(クーペモデル)と低く設計された車体の結果です。

家族連れのドライバーにとって、この後席の狭さは大きな問題となり得ます。特に、子供が成長するにつれて、後席のスペース不足はより顕著になります。

また、後席へのアクセスが狭いため、乗り降り自体が不便であり、特に高齢者や身体の不自由な人が乗車する際には注意が必要です。

このように、レクサス LCの後席は、主に短距離の移動や緊急時の使用に限定される可能性があり、日常的な家族の使用には適していないと言えます。

そのため、家族連れのドライバーがレクサス LCを選択する際には、後席のスペースと快適性を慎重に検討する必要があります。

ブレーキのペダルフィール:硬さに対する不満

高性能な走りをサポートするために精密に設計されていますが、一部のドライバーからはペダルフィールに関して不満の声が挙がっています。

具体的には、ブレーキペダルの抵抗感が強く、踏み込む際に相応の力が必要となるという点です。

このペダルの硬さは、特に市街地での低速走行時や渋滞時に、足への負担となり、長時間の運転では疲労の原因となることがあります。

技術的に見ると、レクサス LCのブレーキシステムは、高速走行時や急ブレーキをかけた際には確実な制動力を提供し、ドライバーに安心感を与える設計になっています。

例えば、LC500モデルには、フロントに対向6ポッドアルミモノブロックキャリパーが装備されており、高い制動力を発揮します。

しかし、この高性能ブレーキシステムの特性上、ペダルの硬さが日常使用での快適性を損なう可能性があるのです。

ダンパーの不満点:乗り心地への影響

レクサスLXの

レクサス LCのダンパーシステムは、スポーツカーとしての性能を最大限に引き出すために硬めのセッティングが施されています。

このセッティングは、車両の安定性を向上させ、高速走行時やコーナリング時においても優れたハンドリングを提供します。

しかし、この硬めのセッティングは、日常の運転においてはいくつかの不満点を生じさせることがあります。

具体的には、レクサス LCのダンパーは、路面の凹凸や小さな段差をダイレクトに感じやすくなっており、これが特に市街地でのスムーズでない路面を走行する際に、乗り心地の悪さとして感じられます。

例えば、小石や路面の亀裂などの小さな不均一な部分を通過する際に、車内に振動が直接伝わりやすくなっています。

この振動は、特に長時間の運転や、乗り心地を重視するドライバーにとっては、疲労や不快感の原因となる可能性があります。

さらに、硬めのダンパーは、車両のロールを抑制し、コーナリング時の安定感を高める効果がありますが、これもまた日常使用での快適性とはトレードオフの関係にあります。

例えば、急なカーブや交差点での旋回時には、車内の乗員が横方向の力を強く感じることがあります。

装備の見劣り:他車種との比較

その洗練されたデザインと高級感ある内装で注目を集めていますが、装備面においては一部で競合する他の高級車種に劣るという声があります。

特に、最新の運転支援システムやコネクティビティ機能に関して、レクサス LCは他の一部の高級車ブランドに比べて、アップデートの頻度が低いか、または対応している機能が限定的であるという声が挙げられます。

例えば、一部の競合車種では、最新の運転支援技術として、自動運転の初期段階にあたる機能や、交通状況に応じて速度を自動調整するアダプティブクルーズコントロールなどが標準装備されています。

これに対して、レクサス LCではこれらの最先端技術の採用が遅れているか、あるいは完全には対応していない場合があります。

また、インフォテインメントシステムに関しても、操作性や反応速度、表示のクリアさなどで他の車種に劣る部分が指摘されることがあります。

例えば、12.3インチのタッチディスプレイを採用しているものの、ユーザーインターフェースの直感性やスムーズな操作フローにおいて、他の高級車ブランドのシステムに比べて見劣りするという意見があります。

ハイブリッドシステムの課題:トルク減少の問題

レクサス LC500hモデルは、3.5リッターV6エンジンと電気モーターを組み合わせたマルチステージハイブリッドシステムを採用しており、このシステムにより、優れた燃費性能を実現しています。

公式な燃費は約14.4km/リットルと、高い燃料効率を誇ります。

しかし、このハイブリッドシステムには、エンジン回転数を上げると発電機の回転数も高まり、低速域では最高出力発生回転数まで上げられないという課題があります。

これは、特に加速時や坂道の走行時にトルクが大幅に減少するという問題として顕著になります。

このトルクの減少は、エンジンとモーターのパワーを最適に配分することで燃費効率を向上させるハイブリッドシステムの特性に起因しています。

しかし、その結果として、ドライバーがアクセルを踏み込んだ際のレスポンスが鈍くなり、期待したほどの加速が得られない場合があります。

特に、スポーツカーとしての走りを期待するドライバーにとっては、このトルクの減少は大きなデメリットとなる可能性があります。

レクサス LC ハイブリッドモデルは、日常の運転やクルージングには十分な性能を提供しますが、スポーツドライビングや迅速な加速を求めるシチュエーションでは、ガソリンエンジン搭載モデルと比較して物足りなさを感じるかもしれません。

収納スペースの少なさ:日常使いの限界

その美しい外観と高級感あふれる内装で注目を集めていますが、日常使用における収納スペースの不足は顕著な問題となっています。

具体的には、車内での小物の収納に関して、ドライバーや乗員が不便を感じることがあります。

例えば、スマートフォン、飲み物、サングラスなどの日常的に使用する小物類を収納するためのスペースが限られているため、これらのアイテムを適切に配置するのが難しいです。

コンソールボックスやドアポケットはスリムに設計されており、限られたスペースを有効に使う工夫が求められます。

例えば、コンソールボックスの容量はわずかに数リットルであり、大きなアイテムを収納するには不十分です。

また、トランクスペースもスポーティなクーペデザインの影響を受けており、大きな荷物を積むことは難しいです。

この収納スペースの少なさは、特に長距離のドライブや旅行を頻繁に行うドライバーにとっては、大きなデメリットとなる可能性があります。

一方で、この収納スペースの制限は、車両のスタイリッシュなデザインを実現するためのトレードオフとも言えます。

そのため、レクサス LCを選択する際には、デザインと実用性のバランスを考慮する必要があります。

日常的な使用においては、収納スペースの不足を補うための追加アクセサリーや収納ソリューションを検討することも一つの方法です。

運転の難しさ:初心者には挑戦的

その高性能なエンジンとスポーティなハンドリング特性により、運転経験が少ない初心者ドライバーにとっては特に挑戦的なものとなることがあります。

この車は、例えばLC500モデルの場合、5.0リッターV8エンジンが搭載されており、最大出力471馬力、最大トルク54.0kgmを発揮します。

このような強力なエンジンは、加速時に強烈なトルクを生み出し、ドライバーには予測しづらい反応を示すことがあります。

また、レクサス LCのハンドリングは非常にシャープで、特に高速でのコーナリングや急な操作が必要な状況では、ドライバーのスキルが試されます。

車両の重心が低く設定されているため、コーナリング時の安定感は高いですが、これは同時に運転技術がある程度求められることも意味しています。

初心者ドライバーにとっては、これらの特性を理解し、適切にコントロールすることが難しい場合があります。

このため、レクサス LCを運転する際には、ある程度の運転経験と技術が必要とされます。

特に、スポーツカーとしての性能を最大限に活かすためには、運転技術の向上と車両の特性に慣れることが重要です。

経験を積むことで、レクサス LCの真価を引き出し、満足度の高いドライビングが可能となります。

しかし、初心者や運転に自信のないドライバーにとっては、慎重な運転と十分な練習が必要となるでしょう。

レクサス LCの欠点を詳細分析:欠点を超える魅力

レクサスLXを後ろから見た姿
公式より

レクサス

  • レクサスLCとは?:高級クーペの定義
  • フラッグシップクーペの性能とスペック:LCの基本情報
  • オリジナリティ溢れる外観デザイン:独特のスタイル
  • 低くて上質なインテリアの魅力:ラグジュアリーな車内空間
  • 優れた旋回性能:スポーツカーとしての能力
  • 最後に:レクサス LC と共に素晴らしいドライブを:総括
  • レクサスLCの欠点についての総括

レクサスLCとは?:高級クーペの定義

レクサス LC(エルシー)は、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」によって2017年に市場に投入されたフラッグシップ2ドアクーペモデルです。

この車は、その独創的で洗練されたデザインと、卓越した走行性能で自動車業界内外から高い評価を受けています。

レクサス LCは、全長4,770mm、全幅1,920mm、全高1,345mmという堂々たるサイズを誇り、力強い存在感を放っています。また、ホイールベースは2,870mmと長く、これが安定した走りを実現しています。

レクサス LCは、そのサイズとデザインにより、高級クーペの新たな定義を打ち出しています。

車体の流線型のフォルム、大胆なスピンドルグリル、そしてシャープなヘッドライトデザインは、レクサスブランドのアイデンティティを強く反映しています。

しかし、このサイズがもたらす一部の欠点も見逃せません。例えば、その大きなサイズは都市部での取り回しや駐車においては不便を感じることがあります。

また、全幅が1,920mmと広いため、狭い道路でのすれ違いや狭い駐車スペースでの操作には注意が必要です。

レクサス LCは、その高級感とパフォーマンスで多くのドライバーを魅了していますが、そのサイズによる制約も理解し、日常使用における実用性とのバランスを考慮する必要があります。

この車は、単なる移動手段ではなく、ドライビングの楽しさと高級感を提供するパートナーとして設計されています。

そのため、レクサス LCを選ぶ際には、その独特の魅力と実用性のバランスを理解し、自分のライフスタイルに合った車かどうかを検討することが重要です。

グレード名排気量シフト燃費車両重量価格
LC500h 3456ccCVT14.4km/l1990kg14,500,000円
LC500h Lパッケージ 3456ccCVT14.4km/l2010kg14,500,000円
LC500h Sパッケージ3456ccCVT14.4km/l2010kg15,330,000円
LC500 4968cc10AT8.4km/l1930kg14,000,000円
LC500 Lパッケージ 4968cc10AT8.4km/l1950kg14,000,000円
LC500 Sパッケージ4968cc10AT8.4km/l1950kg14,830,000円
LC500 コンバーチブル 4968cc10AT8km/l2050kg15,500,000円
LC500 特別仕様車 エッジ特別・限定4968cc10AT8.4km/l1930kg17,600,000円
レクサス LC 2023(令和5)年6月 発売モデル

フラッグシップクーペの性能とスペック:LCの基本情報

フラッグシップクーペとしての地位を確立しており、その性能とスペックはこのクラスの車両の中でも特に注目されています。

LCは、2つの主要なバリエーション、「LC500h」と「LC500」を提供しています。

LC500hモデルは、3.5リッターV6エンジンとマルチステージハイブリッドトランスミッションを組み合わせており、システム出力は359馬力を発揮します。

一方、LC500モデルは、5リッターV8エンジンにDirect Shift-10ATを組み合わせ、最大出力471馬力、最大トルク54.0kgmを誇ります。

これらのモデルは、それぞれ「Sパッケージ」と「Lパッケージ」が用意されており、走行安定性やインフォテインメントシステムなど、高い走行性能と快適性を兼ね備えています。

Sパッケージは、スポーツ指向のドライバー向けに、よりダイナミックな走行体験を提供するための装備が特徴です。

これには、トルセンLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)や、レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)などが含まれます。

一方、Lパッケージは、よりラグジュアリーな装備を提供し、快適な長距離ドライブを実現するためのオプションが豊富です。

これには、ガラスパノラマルーフやセミアニリン本革シートなどが含まれます。

インフォテインメントシステムに関しては、12.3インチのタッチディスプレイが採用されており、ナビゲーションや音楽、車両設定などの各種メニューが運転席側に常時アイコンで表示されることで、操作性が大幅に向上しています。

また、安全性に関しても、Lexus Safety System +が搭載されており、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、プリクラッシュセーフティの対応領域が拡大されています。

これらの特徴と性能を総合すると、レクサス LCはただの高級クーペではなく、技術とデザインの粋を集めた、走る歓びを追求した究極の一台であると言えるでしょう。

項目詳細
ボディタイプクーペ・スポーツ・スペシャリティ
ドア数2ドア
乗員定員4名
全長×全幅×全高4770×1920×1345mm
ホイールベース2870mm
室内長×室内幅×室内高1870×1550×1075mm
車両重量1990kg
最高出力299ps(220kW)/6600rpm
最大トルク36.3kg・m(356N・m)/5100rpm
種類V型6気筒DOHC+モーター
総排気量3456cc
燃料タンク容量82リットル
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
WLTCモード燃費14.4km/リットル
レクサス LC LC500h(2023年6月)

オリジナリティ溢れる外観デザイン:独特のスタイル

レクサス LCの外観デザインは、その独自性と洗練されたスタイルで広く認知されています。

車体は流線型のフォルムを採用し、大胆かつ独特な形状のスピンドルグリルがレクサスブランドのアイデンティティを強く反映しています。

フロント部分では、シャープで勢いのあるヘッドライトデザインが採用され、その中にはL字型のデイタイムランニングライトが組み込まれています。

これにより、昼夜を問わず、レクサス LC の存在感を際立たせることができます。

サイドビューでは、流れるようなルーフラインと広がりを持たせたフェンダーが、レクサス LC の力強さとエレガンスを表現しています。

また、20インチまたは21インチの大径アルミホイールが、そのスポーティなイメージをさらに強調しています。

リアデザインに目を向けると、L字型のテールライトが特徴的で、夜間のドライビングでも他車との差別化を図ることができます。

デュアルエキゾーストパイプがスポーティな印象を与えており、パワフルなエンジン性能を外観からも感じさせます。

低くて上質なインテリアの魅力:ラグジュアリーな車内空間

レクサスLXの内装
公式より

レクサス LCのインテリアは、ラグジュアリーな車内空間を提供するために、高品質な素材と精緻なデザインにこだわっています。

座席からダッシュボード、ドアトリムに至るまで、上質なレザーと精密なステッチワークが施されており、細部にわたるまで徹底したこだわりが感じられます。

ドライバー席は低重心設計となっており、スポーティな運転体験を提供しながらも、長時間のドライブでも疲れにくい工夫がされています。

シートは10ウェイ電動シートで調整が可能で、ドライバーの体型に合わせて最適なポジションを見つけることができます。

また、シートヒーターとベンチレーション機能も搭載されており、季節を問わず快適なドライビングが楽しめます。

センターコンソールには、8インチのディスプレイと最新のマルチメディアシステムが搭載されており、ナビゲーションやオーディオ、車両設定などが直感的に操作できます。

音響面では、Mark Levinson製のプレミアムサウンドシステムがオプションで選択可能で、13個のスピーカーを通じてクリアで迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

インテリアの照明にも工夫が施されており、アンビエントライトが車内を優しく照らし出し、夜間のドライブをより特別なものにしています。

この照明は、ドライバーの気分やシチュエーションに合わせて色を変えることができ、車内の雰囲気を自由に演出することが可能です。

優れた旋回性能:スポーツカーとしての能力

そのスポーティなキャラクターを反映した優れた旋回性能を持っています。

この車両は、車両の構造からサスペンション、ステアリングシステムに至るまで、細部にわたり工夫が施されており、特に高速走行時やコーナリング時においても優れたハンドリングと安定した走行を実現しています。

フロントにはダブルジョイントマルチリンクサスペンションが、リアにはマルチリンクサスペンションが採用されており、これによりタイヤが常に最適な位置と角度を保ちながら路面と接触することができます。

これにより、高速域でのコーナリングでもタイヤのグリップが失われることなく、安定した走行が可能です。

また、ステアリングシステムには電動パワーステアリングが採用されており、ドライバーの入力に対して素早く正確な反応を提供します。

これにより、細かなステアリング操作が可能となり、ドライバーは車両を思い通りに操ることができます。

さらに、レクサス LC は車両の重心を極めて低く設定しており、これが優れた旋回性能に寄与しています。低重心は車両のロールを抑え、コーナリング時の安定感を高める効果があります。

最後に:レクサス LC と共に素晴らしいドライブを:総括

レクサス LCは、その欠点をも上回る圧倒的な魅力とパフォーマンスで、多くのドライバーを魅了しています。

この車は、エレガントなデザイン、力強いエンジン性能、そして豪華な内装が融合した、まさに高級グランドツアラーの極みと言えるでしょう。

エンジンは、5.0リッターV8自然吸気エンジンが搭載され、0-100km/h加速はわずか4.7秒で駆け抜けることができ、そのパワフルな走りはドライバーの心を掴んで離しません。

内装に目を向ければ、上質なレザーと精緻な職人技が随所に施されており、ドライバーと乗員を特別な空間へと誘います。最新のインフォテインメントシステムも搭載されており、ドライビングの楽しさをさらに高めてくれます。

レクサス LC と共に過ごす時間は、まさに特別なものとなるでしょう。

この車は、ドライバーにとって単なる移動手段ではなく、感動と興奮を提供するパートナーとなります。

レクサス LC と共に、素晴らしいドライブを楽しんでください。

この車との時間は、きっと忘れられない思い出となるでしょう。

確かに、燃費の問題や後席の狭さなどの欠点は存在しますが、それらを補うだけの魅力がレクサス LCには備わっています。

高級車としてのステータス、優れた走行性能、そしてラグジュアリーな車内空間は、多くのドライバーにとって魅力的な要素です。

レクサス LCとのドライブは、ただの移動ではなく、特別な体験となることでしょう。

レクサスLCの欠点についての総括

記事のポイントをまとめます。

  • レクサス LC は高級クーペのフラッグシップモデル
  • LC500モデルの燃費は約8.4km/リットルで、同クラスの他車と比較して劣る
  • 後席のスペースが狭く、大人が長時間座るには不快に感じる可能性がある
  • ブレーキペダルの感触が硬く、市街地での運転では疲れを引き起こすことがある
  • ダンパーシステムは硬めのセッティングで、路面の凹凸をダイレクトに感じる
  • 装備面で他の競合車種に劣る部分があり、特に最新の運転支援システムやコネクティビティ機能が限定的
  • ハイブリッドモデルLC500hは、高回転でトルクが減少する課題がある
  • 収納スペースが少なく、日常使いには限界がある
  • 高性能なエンジンとスポーティなハンドリングにより、初心者には運転が難しい
  • 外観デザインは独特でエレガントだが、後席の狭さや収納スペースの少なさをもたらす
  • インテリアは高品質なレザーと精緻な職人技で、細部にわたるこだわりが感じられる
  • 旋回性能は優れているが、運転技術がある程度求められる

高く売るならディーラー下取りはおすすめしません。車を一番高く売るには複数の買い取り業者に競わせること。30~50万円高い査定額が出ることも珍しくありません。時間が経過するほど買取相場は下がる傾向にあるため、なるべく早めに調べておくことをお勧めします。

👑MOTA車買取査定

  • 簡単45秒!
  • 最大20社の査定結果がネットで確認!
  • 翌日には結果が確認可能!
  • 高額査定の3社のみのやりとりでOK!
  • 最高額の買取店がすぐにわかる
  • 査定料や売却手数料なども一切不要
  • 売買契約後のキャンセルも可能

MOTA買取車詳細を確認したい方はこちら

サクッと査定を行いたい方はこちら

コメント